DARWIN
RECRUITING 2022

Interview 3

Interview 3

最後に紹介するのは、経営陣とダーウィンのトップ営業マンです。

直接業務では関わりのない2人ですが、お互いを尊敬しあういい関係です。

流通推進事業部 流通3課

R.S 2017年入社

―お仕事内容は?

お問合せのあったお客様のお宅にお伺いして、当社のシステムを説明し、管理を受託する仕事です。

―査定の仕事は楽しいですか?

お客様との雑談が終わらない時がありますね、盛り上がってしまって。仕事自体は、面白いというよりは、間違いのないように慎重にやっていかないといけないところが、非常に責任感を感じます。無事契約を終えたオーナー様から、「すぐに入居者さんが決まってくれてありがとう!」という連絡はうれしいですし、それがやりがいにつながります。

―入社の決め手は?

谷口CEOが新しいことにどんどん挑戦する経営者だったので、そこに惹かれました。

―ダーウィンの好きなところは?

皆さん爽やかで人柄がいいです。自分のことだけではなく、部署を超えて協力ができている会社だと思います。
うちの息子たちは、会社のクリスマスパーティーが大好きで、1か月前から楽しみにしていて、カレンダーをチェックするほどでした。パーティーや社員旅行に家族を招待してくださり、櫻井さんを始め、経営陣のみなさんの従業員への気遣いに感謝しています。

―入社した時に不動産知識はありましたか?

全くなかったです。(笑)リロケーションって何ですか?というレベルでしたが、周りのフォローが手厚く、聞けば答えてくれるのはもちろんのこと、聞かなくても教えてくれる人がいたりして。法律、税金関係については、グループ内の弁護士や税理士に何度も質問しちゃいました。社内に親切なエキスパートがいるのはホントに助かりました。

―どんな人がダーウィンに向いていますか?

分からないことを、その日のうちに調べたり、聞ける人だと思います。
新しい環境に飛び込むのは、不安なこともあると思いますが、明るく、前向きな方だったら、親身な先輩がたくさんいますので、ダーウィンに入社したら楽しく感じると思います。

R.S

ダーウィングループ役員

櫻井淳子(さくらい じゅんこ)

―入社からの経緯を教えてください。

20代の頃から谷口CEOの元で働いておりました。PCの販売から始まり、トランクルームやマンスリーマンションの運営、そして現在のリロケーションビジネスへと変わりましたが、時代の変化の中で紆余曲折ありながらも、スタッフに恵まれ幸いにもここまでビジネスを広げることができました。

―ダーウィンのいいところは?

スタッフひとりひとりがいい方で、個性的で、真面目に物事を考えているところ。

―働きやすい会社だと思いますか?

まだまだ改善の余地があると思いますが、女子のロッカールームや、リフュレッシュルーム(ランチができる休憩室)を広くしたり、男女年齢関係なく働きやすい環境を整えていきたいです。

―どんな人が向いていますか?

言われたことしかできない人、指示待ちの方は向いていないと思います。自分で考えて行動できる人がダーウィンで成長できる人材だと思います。

―Sさんの印象は?

Sさんは入社当時は不動産知識もなかったのに、新しく導入したシステムもすぐに使いこなしていて、すごく努力してますよね。委員会活動でもメンバーの取りまとめが上手で、ダーウィンのニューリーダーとして、今後も期待しています!

―エントリーされる学生の方へのメッセージを

一般的な不動産会社は仲介のみ、売買のみ、管理のみ、が多いかと思いますが、ダーウィンはトータルで携われるので、不動産業全体が理解できる会社だと思います。3年も勤めれば、独立できるぐらい成長スピードが速いのが魅力です。少しでも興味があれば、ぜひエントリーいただきたいです。

櫻井淳子